さよならトマト

春から育ててきたトマトとミニトマト。

 

 

 

 

 

ばらさんが種や実を埋めて出て来た芽が、夏には育ってきたので9月頭に園庭の花壇にお引越ししていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

こんなに生い茂っていました。

 

 

 

 

よく見ると・・・

 

 

 

 

 

 

 

実がついています。

 

 

 

ここにも

 

 

 

 

 

 

なんとフェンスの外にもたくさん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつ色が変わるんだろう・・・と、実は一ヶ月以上も楽しみに観察していたのですが、

待てど暮らせど色は変わりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしているうちに、小さなクラスのお友だちが触ったトマトが

ぽとり…と落ちてしまいました。

 

 

 

それはたった一つの大きく成ったトマト

 

 

 

 

 

 

 

 

「あーー!!!俺たちのトマト」

 

 

 

 

 

ショックを受けながらも、「どうしたらいいかな?」と考え、ヘタに濡れたティッシュを巻き付けて様子を見ることに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このトマト、置いておいたものの、気付いた時には小さなお友だちがおままごとに使っていて、いつのまにかいなくなっていました・・・。

 

 

 

 

それにもめげず、残っているミニトマトたちが熟れるのを楽しみにしていたばらさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

「なんで色が変わらないんだろう?」

 

 

「寒くなってきたからかな?」

 

 

 

「これは色が変わらないトマトなんじゃないの?」という意見も。

 

 

 

そうして、一つ、食べてみることに。

 

 

 

「すっぱーーーーーい!!!!」

 

 

 

まるでレモンのような味でしたが、「おいしいからもう一個食べて良い?」と言う声も。

 

大事に大事に育ててきた分、愛情がありますよね。

 

 

 

しかし、花壇にはもう次に植える木が待っていて、期限をギリギリまで何度も伸ばして来ていたのです。

 

 

 

なので、実を採って苗を抜くことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探せばどんどん出てくるミニトマトたち。

 

 

 

 

 

そして、実を採った苗からどんどん抜いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

こ〜んなに大きく育っていっていたのですね!!

 

 

 

 

 

 

最後集めてから畑に運び、次に育てる花や野菜の栄養にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集めた実を数えると、途中疲れて数が分からなくなりましたが、なんと200個以上!!!

 

 

 

 

 

 

 

たっくさん!!実ができたんだね!

 

 

 

 

 

「ままごとに使いたい!」

 

 

ということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お鍋でぐつぐつ。

 

 

 

 

そして、続きはまた明日、と靴箱に入れておき、翌週に使おうと出してみると、

 

 

 

 

なんと色が赤くなっていました!!

 

 

(画像がないのが残念ですが…)

 

 

 

なんでだろ〜??

 

 

と不思議でしたが、その理由が判明する日はくるのでしょうか!??

 

 

 

 

 

 

他にも撮った画像を写真館に入れておきますね。

 

 

子どもたちのよい表情がつまっていました。